メニュー

画像処理技術 | 精密ディスペンサーのSSI Japan株式会社

なぜ画像処理ソフトが重要か?

塗布の高度化、微細化が進行する中、安定した塗布品質を実現するためには、塗布プロセス全体(ティーチング⇒ワーク位置認識⇒アライメント⇒塗布⇒検査⇒フォードバック)を最適化することが求められるため、高性能な画像処理ソフトウェアが不可欠となっています。

SSIは、ディスペンサーメーカーの中で唯一、精密塗布専用の画像処理ソフト「Stream Vision」を自社開発し、卓上型塗布装置を含む全機種に、「Stream Vision」を標準搭載しています。また、自社設計の強みを生かし、あらゆるカスタマイズ要求に対応することできるため、精密塗布のトータルソリューションを実現します。

dotting

画像をクリックし、塗布位置指定 

Stream Visionのコンセプト

精密塗布専用の画像処理ソフトウェア「Stream Vision」は、5つの基本機能があります。

1, 塗布プログラムの作成

 複雑な塗布プログラムを簡単に作成できること

2, ワーク(塗布対象物)の画像認識

 小型化するワークの位置、形状を高速かつ正確に認識すること

3, アライメント(塗布位置補正)

 ワークの画像認識に基づき、塗布位置を自動補正し、正しい位置に塗布を行う。

4, 塗布とロボット動作の一括制御

 ディスペンサーとロボットを一括制御し、塗布品質と生産性を向上する。

5,塗布結果の確認、品質保証

 塗布された液剤を認識し、寸法測定・良否判定を行い、品質保証精度を向上する。 

camera

複雑なワーク形状を認識

 

簡単操作で塗布プログラムを作成

「Stream Vison」は、視覚的にプログラムを作成できるビジョンティーチングを採用し、簡単な操作により、複雑なプログラムを短時間で作成することができます。

☆ビジョンティーチング

 画面に表示されるワークの画像を見ながら、マウスでクリックするだけで、塗布

 プログラムが作成できます。ティーチングペンダントによる面倒な位置合わせが

 不要となり、作業効率を大幅に改善します。

☆塗布経路表示

 作成した塗布プログラムを全体(一部)表示し、経路を確認することができます。

☆着弾位置オフセット補正

 ノズルを変更した場合等に、カメラと着弾位置のオフセットを簡単に補正できます。

☆DXFファイルインポート

 予め作成したDXFファイルをインポートし、塗布プログラムを簡単に作成できます。

 塗布経路最適化機能により、インポートしたデータから最短経路を自動的に検索し

 ます。  

route

塗布経路表示機能 

ワークの画像認識

小型化・複雑化するワークの形状・位置を正確に認識するために、カメラ・照明を含めて、画像認識方法の最適化が重要となります。

Stream Visionは、ワークの特性に応じて、最適な方法を選択できます。

☆テンプレートマッチング

 テンプレート画像(基準となる画像)と比較し、類似度が高い画像を抽出し、ワークの

 位置ズレ・傾きを認識します。

☆コーナー検出、エッジ検出

 画像の明るさ変化を検出し、ワークのエッジやコーナーを検出します

☆照明最適化、画像生成機能にも対応

 照明の最適化(RGB照明等)により、画像認識が容易になります。

 2値化やマスキング等、認識を容易にするための画像生成機能も充実しています。

corner

コーナー検出

高速アライメント

生産性向上(タクトタイム短縮)を実現するためには、アライメント(ワークの位置ズレに対応し、塗布位置を自動補正する機能)の高速化が必須となります。

☆マルチレベルアライメント

 ワークの位置ズレ・傾きに加えて、ワークを並べたパレットの傾きを認識し、相殺した

 結果で補正を行います。

☆FOF(ノンストップアライメント)

 画像認識と演算処理を同時に行うことにより、ノンストップでアライメントを行うた

 め、静止画像認識に比べて、5倍以上の処理速度を実現します。

☆3Dアライメント

 高さセンサーが計測したワークの高さに応じて、ノズルの高さを自動調整します。 

Alingnment2

アライメント修正画面 

ディスペンサーとロボットを一括制御

ピエゾジェットディスペンサーとロボット動作を連動することで、塗布品質向上とタクトタイム短縮を実現します。

☆ディスペンサーパラメータと動作プログラムが、同一画面で設定可能

 動作プログラムと塗布パラメータを簡単にリンクできます。

☆ジェットモード

 ロボット等速域で線塗布を行い、線始点・終点の液だまりが発生しません。

☆ピエゾ周波数・移動速度シンクロ機能

 移動速度とピエゾ周波数を同期することにより、均一な塗布線が描画できます。

☆モーションモード

 ロボットが等速で移動しながら、塗布ON/OFFを繰り返し、加減速による時間ロスを

 低減します。 

V2k

プログラム画面

左側:ロボットプログラム

右側:塗布パラメーター 

AOI検査

ワークに塗布された液剤を撮像し、画像解析に基づく様々な検査を行うことにより、塗布品質の安定化を実現します。

☆塗布寸法測定(簡易測定)

 予め登録した円や四角形を測定したい箇所に移動するだけで、簡単・迅速に寸法確認を

 行うことができます。

☆AOI(自動外観検査)

 塗布後ワークの画像解析により、寸法測定(ドット径、線幅)を行います。また、良品

 サンプルと比較することにより、液剤有無、飛散や気泡などの不具合を検出します。

☆画像や検査結果の保存

 画像や検査結果を指定されたファイルに自動保存することができます。 

circle3

円半径検出機能 

卓上型塗布装置に搭載する機能

精密塗布に特化した高度な画像処理ソフト「Stream vision」を卓上型塗布装置に搭載することにより、インライン機なみの性能を実現します。

機能や予算に応じて、型式ごとに機能がパッケージ化されていますが、必要なオプション機能を追加することにより、用途に応じたカスタマイズ仕様を実現できます。 

 

卓上型塗布装置・対応ソフト機能一覧表

機能

Eシリーズ

   (標準型)    

   Bシリーズ   

  (高機能型)  

オプション 
ビジョンティーチング  
塗布軌跡表示機能 × 最短経路探索
DXFインポート × エリアコーティング
画像認識方法

テンプレートマッチング

コーナー検出

エッジ検出 特殊形状作成
照明 白黒

カラー(単色)

RGB照明
アライメント シングル マルチレベル FOF
3Dアライメント ×

シームレスアライメント
塗布・ロボット一括制御 ジェットモード ジェットモード 周波数・移動速度シンクロ
画像検査 簡易寸法測定     簡易寸法測定    AOI検査
画像保存 IOT

 

 

製品紹介はこちら