メニュー

吐出量自動調整機能 | 精密ディスペンサーのSSI Japan株式会社

吐出量自動調整機能

マイクロスケールにより、吐出重量を定期的に測定し、規格から外れた場合には、ジェットディスペンサーのパラメーターを自動的に補正し、吐出量を規格内に維持することができる機能です。

サンプルリング頻度、時間、ばらつき許容量、パラメーター補正値等は、任意に設定することができます。

マイクロスケールの分解能は、0.001g、0.0001g、0.00001gより選択可能です。

吐出量自動調整機能

マイクロスケール

  • 製品紹介
  • 導入事例
  • 製品紹介動画
  • 試作受託・装置レンタル